ホットクックでPlant Based Whole Foods

投稿日: カテゴリー: 生活習慣食事

Plant Based Whole Foods

身体に良いという食事法は色々ありますが、共通しているのは野菜が多いという点です。

野菜は1日350gくらいは食べましょうという推奨が一般的です。

しかも、なるべく加工せずに自然に近い形で食べる方がベターです。

例えば、野菜ジュースより、野菜そのものを食べる方がずっと良いです。

つまり、

「Plant Based Whole Foods」(丸ごと野菜を食べる食事)

が良いのです。

 

シャープ ヘルシオ ホットクック

丸ごと野菜を食べると言っても、どうやって食べれば良いの?という感じです。

生野菜のサラダも良いですが、それだけでは飽きてしまいます。

そこで、、、

「Plant Based Whole Foods」を実践しやすい調理器具があります。

 

シャープの「ヘルシオホットクック」です

 

自分の昼食用にクリニックに導入いたしました(笑)。

いくつかバージョンがありますが、最近自分が購入したのはKN-HW24C-Rです。

シャープ 水なし自動調理鍋 2.4L レッド系SHARP ヘルシオホットクック KN-HW24C-R

シャープ ヘルシオ ホットクック 1.6L AIoT対応モデル ホワイト KN-HW16D-W

 

料理できない人でも使える

最後に自分で料理したのは、恐らく30年近く前というくらい、料理の「り」の字も全くしない自分ですが、今回このホットクックを使って「料理」をしてみました。

 

・トマト中4個
・玉ねぎ中2個
・人参1本
・しいたけ5-6個

 

以上です。

 

包丁がなかったので(笑)、かろうじて100円ショップで買っておいたキッチンバサミでぶった切り、投入。

水も使いませんし、塩も、醤油も、調味料は全く使いませんでした。

あとはスイッチポン。簡単!

 

1時間25分後にはこんな感じで出来上がりました。

 

見た目は悪いですが(笑)本当に美味しいです。

水分は野菜から出てきたものです。

野菜の本来の味が味わえます。丸ごと食べられて、身体に良いです。自分的にはこれなら塩も要らないです。

余計な調味料や、添加物もありません。

 

クリニック x ホットクック

 

実はこの組み合わせは大事と思っています

生活習慣病の大事な要素の1つはもちろん「食事」。

Plant Based Whole Foodsはその柱となります。

 

患者さんにもPlant Based Whole Foodsをお勧めしたいです。

ホットクックは重要なサポートマシンになります。

提案するにあたり、実物があると話がスムースです。

ということで、診察室から見える位置に置いておこうと思っています。

 

ちなみに、併せてお勧めする参考書は「勝間式 食事ハック」です。

ホットクックについて色々と教えてくれます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です