【お知らせ】

<他訪問診療実施ご施設様へ>

循環器専門医による訪問診療に取り組んでおります。ご担当の患者様で循環器的問題が並存していたり、新たに生じた場合、お気軽にご相談ください。循環器専門医の視点で心臓の診療を致します。連携・協力して地域の安全安心に貢献できればと存じます。宜しくお願い致します。

 

2019.6.03      院長布施が分担執筆した「患者・家族に寄り添うアドバンス・ケア・プランニング—医療・介護・福祉・地域みんなで支える意思決定のための実践ガイド—」が6/3発売されました。基本的には医療者向けですが、一般の方でもお読みいただけます。

本日発売!患者・家族に寄り添うアドバンス・ケア・プランニング

amazonで、ベストセラー1位です!

6/13追記:現在amazonでは品切れのようで入手できません。

Amazon以外の通販サイト(セブンネット、楽天ブックスなど)や書店店頭では入手可能です。

 

 

2019.3.28      ヨガ雑誌「Yogini」で当クリニックが紹介されました。

 

———————————————————————

ウェルビーイングクリニック駒沢公園

丸いものが2つくっついたように見えるロゴは、分けない、つながる、という意味を込めています。

・心と身体は一体です。

・医師と患者も一体です。チームとして良きアウトカムを目指します。

・クリニックの中と外も分け隔てなく一体です。受付もありません。自宅のような、カフェのような雰囲気です。

・専門分野も非専門分野も隔てません。院長の専門は循環器ですが、それ以外のどんなお悩みでもまずはお気軽にご相談下さい。必要に応じ最も相応しい専門家もご紹介出来ます。

 

 

 

循環器内科として心臓に焦点を当てながらも全体性を大切にし、

リラックスできる空間で「クリニック」を再定義します。

・予約制でお待たせしません。

・安易に薬に頼りません。

・自己健康管理スキル向上を目指します。

 

健康に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

(ご予約がなくとも受診できますが、お待ち頂くことがございます)

 

●ウェルビーイング(well‐being)とは、

「身体的、精神的、社会的に良好な状態にあること」

を意味します。

当クリニックは皆様方の全体性を尊重し、ウェルビーイングを高めたいという想いを込めて「ウェルビーイングクリニック」という名称に致しました。

ウェルビーイングを高めるには「運動」がとても効果的です。当クリニックでは積極的に運動を推奨するとともに、安心して運動に取り組めるようにサポートを致します。

●当クリニックは、身体のみならず、心、思考、環境といった要素も併せて考慮し、俯瞰的視点の医療を心がけています。

その根底には「ポジティブ心理学」、「行動循環器学」といった概念がございます。

「ポジティブ心理学」とは、ウェルビーイングを追求する学問であり、現在、世界的に研究意識が高まっている分野です。

「行動循環器学」とは、日々の行動や思考・感情・ストレス・環境と、心臓血管系疾患の関連を研究する学問です。それらの因子を是正することで、病気の予防や病状の改善を試みます。「循環器学」とされていますが、心血管系疾患以外の様々な疾患にも深く関連する概念です。薬に頼りすぎない医療を目指します。

医師患者間の対話を通じて、十分に情報共有し、身体的のみならず心理的、文化的、社会的な視点を含め、全体を俯瞰的に捉えます。医療に関しては、専門家としての経験・知識に加え、徹底したリサーチによる科学的根拠(エビデンス)を最優先に考え、中立性、個別性を重視した方針を提案致します。安易に薬や手術を勧めません。

これらのことは、疾患がある方のみならず、病気はないけれど気分や体調がすぐれない方、今は万全だけれど将来的に不安がある方、より高いパフォーマンスを目指したい方など、あらゆる方々に応用することができます。
すべての方々のウェルビーイングを高めること、これが当クリニックの目指すところです。

●当クリニックには、保険診療部門と自由診療部門、医療コンサルティング部門(自費)がございます。
通常の保険診療も行っていますが、保険の取り扱いのない自費診療、そしてその他に、医師患者間の対話を最重要視し、保険診療のみでは実現し得ない、十分に対話の時間を確保する医療コンサルティング(自費)も行っています。